Pranaにお問い合わせ

子どもを癒すアロマコミュニケーション2

子育てに香りを取り入れることで、子どもたちの心や身体に素敵な影響を与えます。
主によく使われる目的は
1. 免疫に働きかける
2. 神経に働きかける


3. メンタルに働きかける

感染症対策に
眠れない夜に
ちょっと元気がない時に

アロマテラピーは力を発揮します。

一番手軽に働きかけることができるのは芳香浴です。
ディフューザーにエッセンシャルオイルを焚いておくだけです。

新学期が始まって緊張感が続いているとき
思春期のイライラが高まっているとき
最近、お子さんの元気がないな~と感じるとき

お部屋をほのか~に香る程度にしておきます。

オレンジ、マンダリンなどのかんきつ類、ラベンダーカモミールローマン、ユーカリラディアタあたりが

作用も優しくおススメです。

香りは脳の視床下部に刺激を与えるので、頭で意識しなくても
心地よい香りが感じられることで、神経が静まり、セロトニンなどのリラックスホルモンが分泌され
免疫細胞が活性化するのです。

小さいお子さんだと「良い香りだね」って笑顔になりますし、
大きいお子さんの場合は、言葉はなくても部屋にいる時間が
長くなるようです。

そんな時、親の役目はリラックスしてその場にいることでOKです。

これは、お子さんだけでなくご主人や恋人にも使えます。

ただ、心地よい香りの空間を作るだけで大切な誰かのちょっとした
サポートになること間違いありません。

ほのかに香る程度がポイントですから♪ぜひ、試してみてくださいね。


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

東京八王子市に4人兄弟の2番目に生まれ、工場を営む祖父母と叔父家族と3世帯同居という大家族の中で育ちました。

幼少期はアトピー体質で痒みが始まると夜も眠れない日々。四肢や首には掻きむしらないようにグルグルと包帯がまかれていて、とてもみじめに感じていたことをよく覚えています。この痒みはストレスや心の問題から来ているように幼いながらに感じていて、心と体の関係にも興味があり、自然療法なども自然に取り入れていました。。母親が目に見えない存在を感じる力があり、それを引き継いでか、20歳前半までは心霊現象などもよく遭遇し、今思うと目には見えない世界や現象については自然に受け入れる土台ができあがっていたようでした。

足反射区療法の施術者やNPOでの子育てコーチングで母さんたちの話を聞いたり、ワークショップのファシリテーター、アロマセラピスト養成コースの講師、統合医療のクリニックではがん、難病患者さんへのセラピーや、産婦人科の産後のお母さんのケアなど経て、エネルギーヒーリングや、瞑想、催眠療法と出会いました。催眠療法では前世など時空を超えて自分をみることでより大きな視点で自分を知ることを体験し、クライアントさんにも魂の目的などをテーマに催眠療法を行っています。

現在はエナジーヒーリングサロン「アロマテラピー・プラーナ」でエネルギーを循環させるをテーマにワークショップや各種セッションを行っています。

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!

魂がもっと自由になるコラム
魂がもっと自由になるコラム更新中

■プラーナのページにいいね!