Pranaにお問い合わせ

スキンシップは癒しの時間

先日、カウンセラーの先生が
男の子は20歳まで
女の子は18歳まで
抱きしめてスキンシップをしてください。とお話されていました。


スキンシップが思春期の子どもに大切なことは聴いたことがありました。

でも、まさか・・・。18歳、20歳までとは驚きです!

「やめろよ!」と男の子は言うかもしれませんが、それでも抱きしめるんだそうです。

そうすることで、人に優しい子に育つというような話をされていました。

その話を聞いて、アロマセラピストの授業で必ず話すことを思い出しました

「皮脳同根」という話です。

皮膚の表皮と脳は同じ細胞が分化して、皮膚や脳などの組織を作ります。

ですから、皮膚をマッサージしたり、人の肌に優しく触れたり
することは同じ根を持つ脳のマッサージにもなるのです。

優しく触れられると、脳からは幸福ホルモンといわれる
オキシトシンが分泌され、悲しみや怒りなどネガティブな感情を
和らげ、心地よい幸福感をもたらしてくれます。

そう、つまりスキンシップは癒しの効果が抜群なのです!

私も子どもが小さい頃は、よく寝る前にラベンダーの香りを

焚いて足裏やお腹のオイルマッサージをしていました。

そのうち小学校高学年になると、何かあると「マッサージして」と言ってくるようになりました。

今、受験生の娘は神経が興奮して、夜眠れなくなってしまうことが時々あります。

そんな時に、足裏やヘッドマッサージをすることで、自然に眠りにつけるようです。

子どもの世界も、大人が思う以上に様々なことがあります。

そんな時、お母さんからの優しいマッサージは「愛されている!」
という実感と疲れた心を癒し、頑張る力を与えてくれる。

そんな大きな力があります。

すごいプロ並みのマッサージをしなくてもOKです。

ラベンダーなどのやさしい香りを焚いて、擦る程度でもとっても気持ちが良いものです。

お子さんとのスキンシップで癒し時間、是非過ごしてみてください。
次の日のパワーにつながっていきますから☆


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

東京八王子市に4人兄弟の2番目に生まれ、工場を営む祖父母と叔父家族と3世帯同居という大家族の中で育ちました。

幼少期はアトピー体質で痒みが始まると夜も眠れない日々。四肢や首には掻きむしらないようにグルグルと包帯がまかれていて、とてもみじめに感じていたことをよく覚えています。この痒みはストレスや心の問題から来ているように幼いながらに感じていて、心と体の関係にも興味があり、自然療法なども自然に取り入れていました。。母親が目に見えない存在を感じる力があり、それを引き継いでか、20歳前半までは心霊現象などもよく遭遇し、今思うと目には見えない世界や現象については自然に受け入れる土台ができあがっていたようでした。

足反射区療法の施術者やNPOでの子育てコーチングで母さんたちの話を聞いたり、ワークショップのファシリテーター、アロマセラピスト養成コースの講師、統合医療のクリニックではがん、難病患者さんへのセラピーや、産婦人科の産後のお母さんのケアなど経て、エネルギーヒーリングや、瞑想、催眠療法と出会いました。催眠療法では前世など時空を超えて自分をみることでより大きな視点で自分を知ることを体験し、クライアントさんにも魂の目的などをテーマに催眠療法を行っています。

現在はエナジーヒーリングサロン「アロマテラピー・プラーナ」でエネルギーを循環させるをテーマにワークショップや各種セッションを行っています。

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!

魂がもっと自由になるコラム
魂がもっと自由になるコラム更新中

■プラーナのページにいいね!