ココロとカラダをゆるめ、内なる自然治癒力を高めて
本来の自分を取り戻す無意識へと誘う心の扉を開いて
心・体・魂のバランスを整えるオーダーメイドのアロマブレンド
【期間限定】お得なスペシャルキャンペーン
あなたの魂がもっと自由でありますように

お子さんが眠れないとき

最近、思春期のお子さんを持つ方から「子どもが夜眠れないみたいで…」というご相談をよく受けます。
子どもなので睡眠薬を飲ませることもできないし、でも、夜眠れないから朝も起きられない…。
何かいい方法はないか?お母さんたちも必死にいい方法はないか探しています。


思春期の子どもたちは勉強、友人関係、進路…などなど

頭の中は考えることでいっぱいのようです。

また、携帯電話やスマートフォン、パソコン、ゲームなど

脳の神経を興奮させるものは身の回りにたくさんあります。

神経を刺激する材料は現代にはたくさんありますが、
神経を鎮めるものは、案外少ないかもしれませんね。

夕方からは神経を鎮める準備をして、寝る1時間前にはパソコン、ゲーム、スマートフォンなど

神経を刺激するものは控えて、お風呂でゆったり温まり副交感神経を優位にして
いくことを意識することは必要かもしれません。

そして、私が特におすすめなのはヘッドマッサージです。
たっぷりとオイルを使ってヘッドマッサージをします。

鎮静作用のあるサンダルウッド、ラベンダー、ベルガモットなど香りを使うとさらにいいでしょう。

初めはコットンにたっぷりオイルを浸み込ませ、頭頂部に湿布します。
20分ほど湿布したらヘッドマッサージを行い、その後洗髪します。

私は昨年、インドのアーユルヴェーダの病院に入院したときは、
夜は毎晩頭頂のオイル湿布をしてもらいました。

湿布をしていると自然に瞼が下がってきて、洗髪できずに寝てしまった
こともあるくらい、脳が緩んで神経が鎮まっていくのです。

お子さんにも、大人にも眠れない時には是非試してみてください。
脳の疲れを和らげる時間になること間違いありませんよ♪