Pranaにお問い合わせ
あなたに適したセラピー診断 お客様の声
あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム

2016年

5月

25日

香りの魅力

古代から香りは 宗教、医療、美容、求愛などに使用されていました。
古代の人々は空に上がっていくものを神さまへの祈りを届けてくれるものととらえていたのです。
香木を焚き、立ち昇る煙に願いを託しました。


香料や香水がパフュームと言われるのはここからきます。

fume 煙を Per 通して

古代の人々は香木を燻すことによって、煙に混ざったうっとりとする香りに

目に見えない力を感じたのかもしれません。

昔は宗教と医療は繋がっていましたから、病を祈って治すこともありました。

 

面白いことに多くの宗教が儀式の時にフランキンセンスの香りを焚きます。


抗菌作用もある香り成分を存分に吸い込むことで
また、陶酔感のある香りとともにいる心地よさから病が回復したと考えられないこともないでしょう。

ちなみに、フランキンセンスは集団催眠の作用もあるとされています。
陶酔感で暗示に入ってったということもあるかもしれませんね。

脳科学的に見ても宗教にこの香りを使用することは最高の組み合わせなのでしょう。

クレオパトラが美容にそして恋人を迎える時に香りを利用したのは有名な話です。

クレオパトラの美しさも香りの相乗効果でさらに魅力を高めたと言われています。

香りにまつわる話は海外だけではありません。
日本にも平安時代では、香りを衣服に焚きしめる薫衣香が貴族の儀式となりました。

枕草子の文面には心ときめくものとして、上質の香りを焚きしめた衣を着ることが書かれています。
今も昔も香りに陶酔されるのは変わりませんね


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
無意識とつながる香りワークショップ 毎月開催
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

子どもの頃、自分自身が過敏なアトピー体質だったことから人の心と身体や目に見えない存在に対して興味をもつようになり、以降、自分自身の体験から身体も心も魂も視野に入れて癒していくことが大切だと実感し、「自分に気づくことで心と魂の傷を解放する」という信念のもとに心・身体・魂からバランスを整えるセラピストとして活動しています。

 

現在はエナジーヒーリングサロン「アロマテラピー・プラーナ」でワークショップや各種セッションを行っています。

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!
魂がもっと自由になるコラム
魂がもっと自由になるコラム更新中

■プラーナのページにいいね!