Pranaにお問い合わせ
あなたに適したセラピー診断 お客様の声
あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム

2016年

5月

25日

季節の香りをつくる

さて、残暑は厳しいですが、空気は秋に変化してきています。
朝の空気や風の香りが、もう夏とは違いますね。
こういった季節の変わり目に新しい季節を迎える香をブレンドしてみませんか?
真夏の香りでしたら、ぺパーミントなどのすっきりした香りやバカンスを思わせるような南国の甘い花の香りが最高です。


でも、秋に向かうこの季節でしたら、もう少ししっとりとした落ち着いた香りが似合います。

私だったら、ゼラニウム、ベルガモット、バジル、そこにフランキンセンスの香りを加えて

甘くスッキリとした中にも秋の落ち着きを表現します。

あるいは、ローズウッド、シダーウッド、などの樹木のすっきりとした香りにナツメグで深みを与え

グレープフルーツでまだ暑い夏の余韻を表現したり。

こう考えて、香りのブレンドをするのも面白いものです。
ブレンドした香りは室内香として、季節を感じながら香らせます。

平安時代の貴族たちは家伝の秘法で練香を作り、それを焚いて優劣を競う遊び「薫物合わせ」がありました。

当時は教養としても、香を学んだそうです。

今は、時代は違いますが、神経を嗅覚に集中して香りをブレンドすることは、

ストレスマネジメントにもなるようです。

ほどよい緊張と弛緩を繰り返しますし、香りを嗅ぐことによる嗅覚から脳につたわす作用も期待できます。

季節を感じ、神経を集中させ、香りを表現してみましょう。
出来上がりもうれしいですが、その過程も心が無になり、なかなか良いものです。

さあ、あなたのオリジナルの新しい季節を迎える香りをブレンドしてみませんか?

季節を感じて、今この瞬間を大切にしてみませんか?


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
無意識とつながる香りワークショップ 毎月開催
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

子どもの頃、自分自身が過敏なアトピー体質だったことから人の心と身体や目に見えない存在に対して興味をもつようになり、以降、自分自身の体験から身体も心も魂も視野に入れて癒していくことが大切だと実感し、「自分に気づくことで心と魂の傷を解放する」という信念のもとに心・身体・魂からバランスを整えるセラピストとして活動しています。

 

現在はエナジーヒーリングサロン「アロマテラピー・プラーナ」でワークショップや各種セッションを行っています。

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!
魂がもっと自由になるコラム
魂がもっと自由になるコラム更新中

■プラーナのページにいいね!