Pranaにお問い合わせ

ヨガと瞑想の旅

 ヨガと瞑想の旅inリシュケシュ6日目

今日は日曜日。
アシュラムでのヨガも瞑想もお休みでアシュラムのお掃除。
終わってから、少しヨガの自主トレ


その後、ビートルズがリシケシでマハリシに瞑想指導を受けていたアシュラムの跡地に!

今はシバ神のお寺に巡礼をするお祭りのようで、道がごった返しです。
人があまりいないような道を通りぬけて着きました。
わ!ビートルズアシュラム!大感激
今は廃墟ですが。

 

同じアシュラムにいる日本人はこの中に入って瞑想小屋も見たそうです。

ですが、私はガイドさんから注意を受けました。

『ここはとても危険なところです。私は心配でお腹も頭も痛くなりました。
とてもバクバクしていました。私はもう2度とここには来ません。 
早く帰りましょう。
私は25年間で初めて危ない仕事をしました。』

『え?』と私。

先ほど、ガイドさんは悪い人に話しかけられたそうです。

内容は言えませんと言いながら、

『インドは世界で一番レイプの多い国です。日本のガイドブックには載ってますか?』

事件があることはニュースでみたと伝えると

『本当にインドは危ないです。気をつけないといけません。』

そういう話をされたのでしょうね。 

ガイドさん、私のしつこいお願いのためにご迷惑をおかけしました。
(しつこくお願いして連れて来てもらいました💧)

何事もなく帰る事ができて良かったです。

ガイドさんに
『なぜ、インドに犯罪が多いのか』尋ねると

『学校に行っていないから、学校に行けば良い事をたくさん学びます。行かないと悪い事を学びます』

教育について考えさせられます。

誰もが教育を受けられる環境にあれば、犯罪も減るのかもしれませんね。

今日は最後の英語のレッスンではなくて、日本語レッスン(笑)
私が先生。


ガイドさんは勉強家で、スゴイ熱意で日本語を聞いてきます。
一生懸命な人は応援したくなりますね。

さあ、インドも残り一日です。
明日はいよいよガンジス川で沐浴します!


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

20代の時、過度なストレスから全身が酷いアトピーになり、そんな時に藁をもすがるつもりで受けたオイルマッサージが私にとって忘れられない体験となりました。

身体のケアをされているのに、なぜか涙が流れるのです。流れた涙で「自分は辛かったんだな」と自分の気持ちに初めて気づきました。この時に頭とココロは分離されていて、思考と感情は別物だと気付きました。

 

 

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!

■プラーナのページにいいね!