Pranaにお問い合わせ
 · 

ケララ州 アーユルヴェーダの旅 Vol.16

【パンチャカルマ 15日目】

 

ケララは今朝も雨。
雨の匂いと、木々の匂いが心地よくが混ざって、深呼吸をすると細胞までおいしい空気が沁みゆくような感覚です。
自然の恵みはありがたいですね。

 

今日のトリートメントはヴィレチャナ(下剤療法)です。
朝5時に下剤を飲むます。
 
このタブレットは

 Nityam Tablet Zandu というもの

 
ヒマシ油、センナ、サウンフ、トリファラなどの
7つの成分が入ったアーユルヴェーダのお薬です。
 
腸壁を優しく洗浄して、腹部のけいれんを起こさずに定期的に腸を動かすことができるそう
起きたら飲むとドクターの指示があり
朝2時に目覚めたので薬を飲んで、
また寝てしまいました。
 
起きると吐き気と胸の苦しさが、、、。
 
朝のドクターの診察で
排泄されると吐き気などはおさまるとのこと
 
めまいのような感覚もあり具合悪いです
白湯をチビチビ飲むように指示をうけました。
 
他にも新しい薬
アーユルヴェーダの薬は本当にマズイ。
あまりにまずくて吐き気がすることも、、、。
今日のトリートメントは昨日と同じ
午前中はnjavara kizhi (お米のピンダマッサージ)
午後はgreevapichu(油剤温湿布)
 
日本ではゴチゴチになっていた首の筋肉も
だいぶ柔らかくなってきました。
 
今日は夕方のヨガで
ヨガの先生カラプラナーヤマの大切さを
教わりました。
 
私たち女性はライフサイクルの中で
様々なホルモンが変化していきます。
 
プラーナの流れをよくするには
肺の上、肺の真ん中、肺の下を
意識して呼吸をするのが良いそうです。
 
明日のヨガでは細かな呼吸にも
意識を向けてみようかな。
 
インドのバナナ、小さくて美味しいです!

あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

20代の時、過度なストレスから全身が酷いアトピーになり、そんな時に藁をもすがるつもりで受けたオイルマッサージが私にとって忘れられない体験となりました。

身体のケアをされているのに、なぜか涙が流れるのです。流れた涙で「自分は辛かったんだな」と自分の気持ちに初めて気づきました。この時に頭とココロは分離されていて、思考と感情は別物だと気付きました。

 

 

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!

■プラーナのページにいいね!