Pranaにお問い合わせ
 · 

ケララ州 アーユルヴェーダの旅 Vol.6

【パンチャカルマ5日目】

8月のケララは雨期です。今のところは、一日中雨の日はありませんが時々ザーッと降ったり、ポツポツ降ったりでいい感じに湿った雨の日が案外、私は好きです。


 

 日本ではこんな一か所に留まる単調な生活ではないので、少し飽きてきて外に出たくなります。

 

センターの外を歩いて散歩程度はできますが、田舎道が続いていてのんびりです。

体調は軽いだるさとぼーとした感じがあり、動くのが面倒に感じます。

 

週末にアーユルヴェーダの勉強会があり、参加すると【更年期障害】についてでした。

うつ病だと診断されて、このセンターに来る女性を診察すると子どもは巣立ち、夫は仕事で忙しく孤独を抱えた更年期の女性が多いそうです。

 

それはうつではなく更年期障害だそうです。

そんな更年期のアーユルヴェーダの治療についてのお話でした。

人生はホルモンに支配されている・・・そんな話を聞いたことがあります。

 

特に女性は思春期、月経周期、妊娠、出産、更年期、閉経と女性ホルモンの移り変わりで心も体も大きく変化していきます。

 

自分自身の「今」に合った「心と体」の快適を見つけていきたいですね。


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

20代の時、過度なストレスから全身が酷いアトピーになり、そんな時に藁をもすがるつもりで受けたオイルマッサージが私にとって忘れられない体験となりました。

身体のケアをされているのに、なぜか涙が流れるのです。流れた涙で「自分は辛かったんだな」と自分の気持ちに初めて気づきました。この時に頭とココロは分離されていて、思考と感情は別物だと気付きました。

 

 

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!

■プラーナのページにいいね!