Pranaにお問い合わせ

アーユルヴェーダ体験記3日目

3日目になるとさらに身体が重くてだるさを感じるようになりました。
でも、辛いとか、起きられないといったものではなく
ずう~と横になっていたいと感じるようなだるさで、
常に眠くて、早い動きをするのが、億劫な感じです。


ほんの少しの頭痛と寒気があり、ドクターに伝えると
薬を一つもらい、飲みました。

そうそう、病院に入院すると主訴に対する薬も毎日飲みます。

朝起きたとき
昼食後
夕食後
寝る前

シロップ、錠剤と両方飲みますが独特の味がします。
息子ははじめはなかなか飲めずにいました

あまりのまずいさに
飲んだあとはバナナを食べて味を消す

さて、3日目になると
少し私のお腹周りがスッキリとしてきました。

今日はアビヤンカ(オイルマッサージ)
patra pinda (マッサージ後に熱いハーブのボールで体をポンポン叩きます)
Takra phara(ミルクで行うシロダーラのようなもの)
patra pinda はかなり熱いです。

でも、慣れてくるとこの熱さが心地よくなります。

その後は昨日と同じメニューです。

トリートメント後は体が少し軽くなりました。
ただ、頭は少し重く膜に包まれているような感じです。

でも、息子は元気で暇を持て余しているので、少し病院を散歩しました。

 

ソーラーパネル

キレイな花が!
すごくいい香りが漂っています!

今日から、朝晩の瞑想を始めました。
とても心が穏やかになり気持ちがいいのです。

夕食後は
バスティ(温かい薬用オイルを浣腸して腸にいれます)
これは、トイレに行きたくなったら行っていいそうです。

腸にオイルが入っていく感覚は・・・。
あまりいいものではありませんね。

その後、
シローピチュと
耳にオイルを入れるトリートメントをして
いつものように、あっという間に熟睡してしまいました。


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

20代の時、過度なストレスから全身が酷いアトピーになり、そんな時に藁をもすがるつもりで受けたオイルマッサージが私にとって忘れられない体験となりました。

身体のケアをされているのに、なぜか涙が流れるのです。流れた涙で「自分は辛かったんだな」と自分の気持ちに初めて気づきました。この時に頭とココロは分離されていて、思考と感情は別物だと気付きました。

 

 

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!

■プラーナのページにいいね!