Pranaにお問い合わせ

アーユルヴェーダ体験記2日目

2日目の施術は初日と同じものでした。
担当のセラピストさん
彼女の存在はまさに癒しを感じました。
笑顔が最高に素敵なひとです。


2日目の午前中はとても眠く、体が重く、横になると寝てしまいそうです
 
でも、日中は寝てはいけないので、なんとか我慢しましたが
体は重く、少しだるさを感じました。

午後からトリートメントが始まります。
アビヤンカ(オイルマッサージ)では、すぐに眠気が来て寝てしまいました。

施術の最中に一瞬息が苦しくなって、目が覚めました
 
無呼吸になっていたのかしら???

特別何があったわけでもないのですが、気がついたら施術が終わっていました。

午後の心臓部にオイルを保持するHriday Vastiは昨日よりも重く感じ
少し痛みを感じました。

ただ、温かいオイルを乗せているだけなのに・・・。

インド旅行に来る前はハードスケジュールだったので
気がつかなかったけれど、心臓に負担がかかっていたのでしょうか??

写真は下腹の写真ですが、こういった形でオイルが保持されます。

観光ツアーでは毎日激辛カレーだったこともあり、
食欲がなくなり、病院でも食欲が出ませんでした。

それでも、優しい味付けで美味しいご飯です。
慣れてくると、ずうっとこの食事でもいいと思えるほどでした。

息子は食事が気に入らず、日本から持っていった味噌汁を
毎日飲んでいましたが・・・


息子は1日1回のオイルマッサージのみだったので
かなり暇で、学校の宿題をやって過ごしていました。

インドに来てから子どもはテレビを見ることもなく、日本とは全く違う生活です。
そんな生活に身をおくと、普段は気がつかなかった子どもの側面に
出会うことができました。

こちらもゆっくり子どもと関わることができるということもあるのでしょうね。
子どもと二人旅ってかなりオススメです。

その晩もシローピチュや耳の中にオイルを入れると
すごい眠気が来て終わると倒れるように寝てしまいました。


あなたに適したセラピー診断 あなたの魂がもっと自由に生きるための 魂の回復プログラム お客様の声
スクール
ワークショップ
セッション
友だち追加

ラインでもお問合せいただけます

講師・セラピスト 小林玉枝
講師・セラピスト 小林玉枝

講師・セラピスト

小林玉枝

20代の時、過度なストレスから全身が酷いアトピーになり、そんな時に藁をもすがるつもりで受けたオイルマッサージが私にとって忘れられない体験となりました。

身体のケアをされているのに、なぜか涙が流れるのです。流れた涙で「自分は辛かったんだな」と自分の気持ちに初めて気づきました。この時に頭とココロは分離されていて、思考と感情は別物だと気付きました。

 

 

プロフィールの続きを読む

メルマガ〜魂を回復する8つのステップ〜
メルマガ購読はこのバナーをクリック!

■プラーナのページにいいね!