ココロとカラダをゆるめ、内なる自然治癒力を高めて
本来の自分を取り戻す無意識へと誘う心の扉を開いて
心・体・魂のバランスを整えるオーダーメイドのアロマブレンド
【期間限定】お得なスペシャルキャンペーン
あなたの魂がもっと自由でありますように

アーユルヴェーダの体質について

私たちの体質は大きく分けて3つの質(ドーシャ)がどんなバランスで
あるかで決まっていきます。

生まれ落ちたその時に、その3つの質がどのような割合であるか、

その人その人でいいバランスがあります。


その3つの質(ドーシャ)とは

ヴァータ  : 空と風の要素 動きを司る 風気質
冷・軽・変動・移動・不規則・乾燥・粗さ

ピッタ  : 火と水の要素 変換の性質 火気質
暑さ・流動・鋭敏・悪臭・柔軟・明晰

カパ  : 水と地の要素 構造と潤滑性 水気質
油性・冷・重・安定・濃密・滑らかさ

例えばこの3つのうちヴァータの質を多く授かった人は
身体が冷えやすく、皮膚は乾燥気味、よく動き回り、気が利き、
気分が変わりやすいなんていうことがあるかもしれません。

ピッタを多く授かった人は中肉中背、情熱的、頭脳明晰
で論理的思考の持ち主となります。

カパを多く授かった人はどっしりしていて、安定感があり受容的。
ゆっくりだけど、着実に物事を進めていく力があるでしょう。

もちろん、どれか1つだけあるわけではなく、
この3つの比重が人それぞれ違うと考えてください。

比重の多い質(ドーシャ)はその人の特徴となるでしょう。

そして、その生まれ持った比重を保つことがバランスをとることで
バランスがとれていると、その人のいい面が発揮されていくのです。

さて、上の3つの中で、自分はどの質(ドーシャ)が高いと思いますか?
まずは、そこを知ることが、バランスをとる鍵になります。